恋するプラハ

Category - スポット

カレル橋

カレル橋はプラハ最古の非常に美しい石橋です。ヴルタヴァ川(日本ではドイツ語のモルダウ川と呼ばれる事が多い)に掛かるその姿は世界各国の観光客を呼びいつでもあふれています。現在のカレル橋は14世紀後半から15世紀の初めに建造されたと言われています。全長約520mあり幅は約10mちかくあり非常に広い橋であります。また橋の両側の欄干には30体の聖人像が配置され観光客の目を引いています。車の乗り入れは禁止されており、パフォーマーはもちろん似顔絵...

ベルトラムカ

チェコはプラハにある人気の邸宅。この建物が何故有名であるのか?それは『モーツァルト』が滞在していた歴史があることから。 ベルトラムカはプラハの貴族が別荘として使用しており、城壁の郊外に建築された邸宅。近世の裕福な貴族はこのような別荘を持っていたとされておりベルトラムカという名の由来はベルトラムスカーという所有者の名前からとられたと言われている。...

スメタナ博物館

日本でも有名な大作曲家『ベドルジハ・スメタナ』に関する博物館。スメタナが愛したと言われるヴルタヴァ川(モルダウ川)の川辺であり旧市街にその博物館はある。スメタナ自身も1863年から1869年までここに住んでいた。ラジャンスキー宮殿と称された、この建物のテラスから見たヴルタヴァ川とプラハ城が一体となった美しい景色をスメタナは好んだ。『売られた花嫁』『ダリボル』が作曲されたのはこの場所だと言われている。